上杉謙信の名言・家訓から人を魅了するノウハウを発見!?

Pocket

上杉謙信の紹介

images (7)

上杉謙信(うえすぎ けんしん)・上杉輝虎(うえすぎ てるとら)
身長156㎝
血液型:AB型

生誕:享禄3年1月21日(1530年2月18日)/死没:天正6年3月13日(1578月4月19日)

越後の統一を果たし、49年の生涯で武田信玄、北条氏康、織田信長、蘆名盛氏など幾つもの合戦をし、中でも5回戦った武田信玄との川中島の戦いは特に有名な話です。

上杉謙信は毘沙門天の熱烈な信仰家で軍旗は「毘」と「龍」を掲げていました。
軍旗にはそれぞれ意味があります。

「毘」は毘沙門天を表し、「龍」は不動明王を表します。

ダウンロード (9)

毘沙門天(多聞天)
仏法を守る四天王の1人。

四天王の紹介

「広目天」~西の方角を守る。

「持国天」~東の方角を守る。

「増長天」~南の方角を守る。

「毘沙門天」~北の方角を守る。

 上杉謙信と川中島の戦を5回交えた武田信玄とは?

ダウンロード (8)

武田信玄(たけだ しんげん)

信玄の関連記事の入り口

上杉謙信の名言・格言

images (6)

我ある故に毘沙門あり

死なんと戦えば生き 生きんと戦えば必ず死するものなり

人の落ち目を見て攻め取るは、本意ならぬことなり

自分は国を取るのではなく、後の勝ちも考えない。
さしあたっての一戦に勝つことだけを心掛けている。

人の上に立つ者の一言は、深き配慮を伴っていなければならない。
軽率な発言はもってのほかである。

【上杉家家訓十六か条】

心に気にかかる物のない時は、心は広く体も安らかである。

心にわがままのない時は、相手への愛と敬いの心を失わない。

心に欲のない時は、道理ある正しい道を進む。

心に私がない時は、疑うことをしない。

心に驕りがない時は、人を尊ぶ。

心に誤りがない時は、人を畏れない。

心に邪見がない時は、人を育てる。

心に貧りがない時は、人に諂うことがない。

心に怒りのない時は、言葉は和やかである。

心に堪忍がある時は、物事を調えられる。

心に曇りがない時は、心は静かである。

心に勇がある時は、悔やむことがない。

心が賤しくない時は、無理な願いをしない。

心に親への孝行心がある時は、主への忠節も厚い。

心に自慢のない時は、人の善を知り。

心に迷いのない時は、人を咎めない。

上杉謙信のまとめ

上杉謙信は戦国武将でも大変人気がある武将の1人です。特に武田信玄との川中島の戦いは幾度もドラマ化されました。
一説には上杉謙信は女性ではないかと言われており、しかし、仮に女性としても大変魅力的な武将です。
そして、上杉家家訓十六か条でも挙げられているもので、「なるほど」現代でも守りたいと思った家訓がありました。

その家訓とは「心に欲がない時は、道理ある道を進む」、「心に驕りがない時は、人を尊ぶ」は守っていきたい家訓ではないでしょうか?
最後まで読んで頂いてありがとうございます。
今回は上杉謙信のお話でした。

次回、お楽しみに!!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です