徳川家康の名言の意味に成功哲学が存在する!?
Pocket

 

300年の歴史と言えば、そう徳川家康です。
戦国時代で1番の我慢人?徳川家康で天下を取り
徳川家は300年という長い歴史を刻む事になります。

今回は徳川家康の名言の意味から成功哲学を学んでみたいと思います。

徳川家康の紹介

ダウンロード (11)

徳川家康(とくがわ いえやす)

生誕:1543年1月31日(天文11年12月26日)
死没:1616年6月1日(元和2年4月17日)

江戸幕府
えどばくふ

徳川幕府ともいう。慶長8 (1603) 年2月徳川家康が征夷大将軍に就任して江戸に開いた中央集権的武家政権。
慶応3 (1867) 年 10月徳川慶喜による大政奉還まで 15代 265年間存続。
700万石に及ぶ天領 (直轄地) と多数の家臣を背景にその統治体制 (幕藩体制) は強力であった。

 

徳川家康に影響を与えた人物

 

ダウンロード (3)

詳しくは
↓クリック↓

織田信長

ダウンロード (1)

詳しくは

↓クリック↓

豊臣秀吉

ダウンロード (15)

明智光秀

ダウンロード (12)

石田三成

戦国時代と言えば、織田信長、豊臣秀吉、そして徳川家康の3人が頭に浮かぶ人物でしょう。
時代が動くときもキーマンが必ず存在します。
明智光秀であったり、あの有名な戦「関ヶ原の戦い」の徳川家康の相手に石田三成がいます。

 

徳川家康が天下を取り、300年という徳川家時代を築いたのですが、
残されている名言や格言で時代を築いたノウハウがあるように感じます。
それでは、徳川家康の名言・格言を紹介しますね。

 

徳川家康の名言・格言紹介

ダウンロード (9)

 

名言や格言を自分なりに意味を考えました。

 

☆願いが正しければ、時至れば必ず成就する。
(自分が正しいと思いそれを目標にしているとその目標は達成する。)
【信念があって、行動しなと何事も成功しないそんな気持ちになりますね。】

 

☆滅びる原因は、自らの内にある。
(失敗したりするには、原因は周囲ではなく自分自身にある。)
【全て自己責任】

 

 

☆われ志を得ざるとき、忍耐この二字を守れり。
 われ志を得んときは、大胆不敵この四文字を守れり。
 われ志を得てのち、油断大敵この四文字を守れり。

(物事を成し遂げる場合、コツコツと努力を怠らない忍耐が必要。)
(物事を成し遂げる場合、平常心で気後れせず大胆不敵で行なう。)
(物事を成し遂げた後、気を緩めず油断大敵の気持ちを常に持つ。)

 

 

☆最も多くの人間を喜ばせたものが、最も栄える。
(会社はお客に喜んでもらう事こそが会社が繁栄する事になる。)
【相手を喜んでもらう事がやがて自分に良い事がおこる】

☆人の一生は、重荷を背負うて遠き道をゆくがごとし急ぐべからず。
(人生は長いし、何かしら責任を背負って生きているので慌てず生きろ。)

 

☆人生に大切なことは、五文字で言えば「上をみるな」七文字で言えば「身のほどをしれ」
(上を見すぎると、現在の自分が何処にいるか分からなくなるので常に自己観察を行なう。)

 

今回のまとめ

今回の登場人物はあの天下人、300年という長く天下泰平を成し遂げた徳川家康です。
徳川家康の名言・格言で今に通ずる成功哲学が見えた気がします。
よく、成功するには成功した人の真似をすればいいと聞きますが、時代背景が違いますが現在でも十分通ずるものがあります。
少しでも、生活に取り入れより良いものにしたいですね。

そして、あなたが少しでも徳川家康に興味を持って頂けたら幸です。