Pocket

今回は、テニス界のスパースター 大坂なおみさんの、

 

 

 

大坂なおみさんの紹介

 

 

(おおさか なおみ、英: Naomi Osaka、1997年10月16日 - )は、
大阪府大阪市中央区出身。
女子プロテニス選手。自己最高ランキングはシングルス1位。
これまでにWTAツアーでシングルス7勝を挙げている。

うちグランドスラムは通算4勝で、
2018年と2020年の全米オープン、および2019年と2021年の全豪オープン優勝者。

身長180cm。体重75kg。

右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

2019年までは日米二重国籍だったが、
22歳の誕生日を迎えるにあたり日本国籍を選択、
選手登録は日本。

出典:Wikipedia

 

 

大坂なおみさんの心に残る名言集

 

 

 

 

➡「とにかく気持ちを強く。」

 

➡「同じままでいるよりも人生は変化があった方が面白い。」

 

➡「経験は大切だけれど、経験が勝敗を分けるわけではない。」

 

➡「相手が誰かにかかわらず簡単に勝てると思ってはいけないというのが、私にとっての相手へのリスペクトなんです。」

 

➡「迷わずにイライラしないで自分のテニスをする。」

 

➡「人は強さを怒りと誤解してしまうことがある。」

 

➡「常に大きなステージでプレーできるように地道な努力をしなければいけないと思っています。」

 

➡「私は完璧主義タイプなのでどの試合にも勝ちたいと思っているのですが、自分の中から出てくるプレッシャーやフラストレーションもあって、上手くいかないこともあります。」

 

➡「勝つにふさわしい選手であれば結果はついてくると思う。」

 

➡「相手が誰かにかかわらず簡単に勝てると思ってはいけないというのが、私にとっての相手へのリスペクトなんです。」

 

➡「私は家族の為にプレーしたい。」

 

➡「自分と他の人と比べない。」

 

➡「人それぞれに道というものがあり、その道を突き進むだけです。」

 

➡「無茶をしない。」

 

➡「目の前の試合だけに集中した。」

 

➡「何事も口に出した方が達成するのは簡単になる。」

 

➡「いい結果がでることもあれば、酷い結末ということもある。結果より、プロセスが大事なの。」

 

➡「興奮しすぎてはいけないと思った。これが、自分のベストプレーだと思いたくなかったし、観ている人にも、そう思われたくなかった。私のベストは、もっと先にあると感じたかったの・・・。」

 

まとめ

 

今回は、テニス でオリンピック に出場した大坂なおみさんの、心に響く名言集を紹介しました。

2020東京オリンピックでは、金メダルの獲得できませんでしたが・・・

 

大坂なおみさんの、心に響く名言が、何かのきっかけになれば幸いです。

最後まで、ご覧くださって感謝します。

 

 

記事がお役に立てばシェアお願いします。