卓球オリンピック混合に出場の水谷隼選手の心に響く名言集とは?
Pocket

心に響く名言は、東京オリンピック大会 卓球混合で見事に、金メダルを獲得しました。

 

そのチームは、水谷隼選手と伊藤美誠選手です。

今回は、水谷隼選手の心に残った名言をご紹介します。

最後まで、ご覧ください。

 

 

水谷隼さんの紹介

 

水谷 隼(みずたに じゅん、1989年6月9日 - )は、
静岡県磐田市生まれのプロ卓球選手。明治大学政治経済学部卒業。

身長は172cm、体重は63kg、靴のサイズ27.0cm。血液型はB型。

既婚。木下グループホールディングス所属。

ITTF世界ランキング最高位=男子シングルス4位。
段級位は7段。北京オリンピック、ロンドンオリンピック、
リオデジャネイロオリンピック、東京オリンピックの日本代表。

卓球競技日本人初のシングルスでのオリンピックメダリスト。

卓球競技混合ダブルスの初代オリンピック金メダリスト。

全日本選手権シングルス史上初10回優勝。
史上初5連覇。史上初13年連続決勝進出。
男子ダブルス自身最多タイ7回優勝。史上最多タイ4連覇。史上最多タイ自身10回決勝進出。

ジュニアの部優勝最多タイ記録。ジュニアの部最年少優勝記録。

出典: Wikipedia

 

 

心に響く名言集

 

 

 

➡「頑張った感を作る日本の練習は、練習のための練習。」

 

➡「卓球は人間を磨き卓球は人間をつくる。」

 

➡「正しいことをしているから、何を言われても揺らぎません。」

 

➡「夢は叶えるためにあるもの。無理なら新しい夢を作ればいい。夢に向かっていく過程で人は成長していくと思っています。」

 

 

➡「一流人になるか、ならないか』には、必ず、何かしらの、結果をもたらす違いがあるはずです。」

 

➡「他人よりも2倍も3倍も努力し、やらされる3時間より自ら進んでやる1時間の価値を知り、諦めず最後までやり通す根性の卓球選手になりたい。」

 

➡「練習は人生の縮図と悟り、今日できることを明日に延ばさず、研究と精進を怠らず指示があったら、(はい)と返事してすぐ行動するファイトあふれる卓球選手になりたい。」

 

➡「他人よりも2倍も3倍も努力し、やらされる3時間より自ら進んでやる1時間の価値を知り、諦めず最後までやり通す根性の卓球選手になりたい。」

 

➡「失敗を人のせいにせず 簡単なプレーほど慎重に行い 同じミスを2度と繰り返さず、人の気持ちになって物事を考えられる心豊かな卓球選手になりたい。」

 

➡「卓球を道として選び、それ故に礼儀を重んじ卓球場で精神を鍛え心を磨き、敵は相手ではなく自分であることを知り、己に勝てる人間になりたい。」

 

➡「この東京オリンピックで、今までのすべてのリベンジができました。」

 

➡「1ゲーム目を捨ててでもいいか、相手の弱点を探します。」

 

➡「とにかく試合を想定して、試合と同じように練習でも集中することを心がけています。」

 

まとめ

 

如何でしたでしょうか?

あなたにとって、何かしら、心に響く名言がありましたら幸いです。

最後まで、ご覧くださって感謝します。

 

記事がお役に立てばシェアお願いします。
カテゴリー