スティーブジョブズ が残した名言 ベスト10は・・・。

Pocket

「アップル」、「アイホン」、「CEO」・・・

頭に浮かぶ人物とは「スティーブジョブズ 」ですよね。

スティーブジョブズが残した名言のベストをご紹介します。

今回は「スティーブジョブズ」が登場します。

最後までご覧下さい。

スティーブジョブズの紹介

l “Steve” Jobs、1955年2月24日 – 2011年10月5日)
アメリカ合衆国の実業家、資産家、作家、教育者である。
アップル社の共同設立者の一人である。
アメリカ国家技術賞を受賞している。

1955年、シリア人政治学者の父と米国人大学院生ジョアンとの間に生まれる。

1972年、オレゴン州のリード大学へ進学。

1974年にアタリ社を訪問。
「雇ってくれるまで帰らない」と宣言し、
創業者に気に入られ、下級エンジニアとして採用される。

1975年、世界初の個人向けアルテア8800が発売され、人気を博していた。

1976年、Apple Iの販売を開始する。

1977年に発売したApple Ⅱは、大ヒット。
アップル社はシリコンバレーを代表する企業に成長。

1980年に株式公開を果たし、
ジョブズは2億ドルを超える資産を手にした。

1984年、Macintoshの発売を開始。
しかし、ジョブズは需要予測を大幅に誤り、初めての赤字を計上。

1983年にCEOに就任したジョン・スカリーは、
Macintosh部門からジョブズを解任することを取締役会に要求。

ジョブズもスカリーの追放を画策するも、1985年の取締役会でジョブズは会長職以外、すべての仕事を剥奪される。

同年、ジョブズは所有していたアップル社の株をすべて売却。アップル退職後には、オペレーティングシステムの開発やピクサー・アニメーション・スタジオの設立などを行なう。

1996年、自社内でのOS開発が暗礁に乗り上げていたアップル社が
ジョブズのNeXT社を買収することで合意。

2000年にアップル社のCEOに就任。

2011年8月にジョブズは、CEOを辞任。
同年10月に自宅で56歳の生涯を閉じた。

スティーブジョブズの名言

⦅その1⦆

過去ばかり振り向いていたらのではダメだ。

自分がこれまで何をして、

これまでに誰だったのかを受け止めた上で、

それを捨てればいい。

⦅その2⦆

歳をとればとるほど、

動機こそが大切だという核心が深まる。

⦅その3⦆

この地上で過ごせる時間には限りがあります。

本当に大事なことを

本当に一生懸命できる機会は、

二つか三つくらいしかないのです。

⦅その4⦆

一つのことを、

一生やり続けられると確信する日がくる。

⦅その5⦆

終着点は重要じゃない。

旅の途中でどれだけ楽しいことを

やり遂げているかが大事なんだ。

⦅その6⦆

もし今日が人生最後の日だとしたら、

今やろうとしていることは

本当に自分のやりたいことだろうか?

⦅その7⦆

昔を振り返るのはここでやめにしよう。

大切なのは明日何が起きるかだ。

⦅その8⦆

何かを捨てないと、前に進めない。

⦅その9⦆

大事なのは自分の心に、素直になることだ。

⦅その10⦆

人生には時として、

レンガで頭をぶん殴られるような

ひどいことも起こるものなのです。

だけど、信念を放り投げちゃいけない。

スティーブジョブズ 名言 ベストまとめ

スティーブジョブズは世界のアップルの創立者の一人です。

そして、残した名言からベスト10を紹介しました。

特に心に残った名言は

昔を振り返るのはここでやめにしよう。

大切なのは明日何が起きるかだ

最後までご覧下さってありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です