島津義弘が最強武将と言われた訳は?名言・格言から分かる!?

Pocket

島津義弘の紹介

images (8)

生誕:天文4年7月23日(1535年7月23日)/死没:元和5年7月21日(1619年7月21日)

薩摩国の守護大名

豊臣秀吉の九州征伐で秀吉に降伏しました。
主君:島津義弘⇒豊臣秀吉⇒秀頼

島津義弘の名言・格言

良いことの五つは真似しやすく、悪いことの一つはなかなかやめられない。
昔の悪いことを知ると、自然と良いことが出来る。
悪人こそわが師である。

表に桜を植えたのは参詣する人が花を楽しみ、心が豊かになるだろうからだ。裏に栗を植えたのは、栗の実は何かあった時には
食料になり、枝は薪にも使うことができる、桜は花を楽しませ、栗は実を取る。

上よりまず礼儀を正し、家臣はその恩恵をかたじけなく感じて我が行いを恥じるようになりたいものだ。

肝要なところに気を配れ、どうでもよいところを気をつけるものではない。

島津義弘の人物像は?

島津義弘は豊臣秀吉はもちろんのこと、徳川家康にも恐れられていた武将で島津家の弱体化を図ったが島津家の結束が強く弱体化は出来なかった。
また、情け深い義弘は朝鮮の役後、敵味方関係なく高野山に供養塔を建設しました。

義弘は愛妻家だったことが、妻に送った手紙の内容から伺えられる、その内容は「3年も朝鮮の陣中で苦労してきたのも、島津の家や子どもたちの事を思えばこそだ、もし、自分が死んでしまったら子どもたちはどうなるのだろうと思うと涙が止まらない。お前には多くの子供がいるのだから、お前には強く生きて欲しい。一万部のお経を詠んでくれるより嬉しい。」愛妻家ですね。

義弘が老いて、一人で立ち歩き、食事を取ることさえも不可能になった時、家臣が「殿、戦でございます。」言い、城外で兵の鬨の声が聞こえると義弘の目は大きく開き、一人で普段では考えられない量の食事を平らげたという。

関ヶ原の戦いでは、敵中突破をした後、生き残った家臣らに薩摩に帰還を勧め、義弘は大坂で人質になっている妻子の救出に向かった。

島津義弘のまとめ

島津義弘の人物像や名言・格言から分かることは、家臣や家族など大切にする武将であったと思います。
豊臣秀吉や徳川家康という天下人の2人にも恐れられていた事で義弘の凄さが分かってきます。
若い頃の義弘は血気盛んで、弘治3年の蒲生城攻めでは一騎討ちを制しながら鎧の5ケ所に矢を受け重傷を負いながら勇戦を見せたそうです。
そんな、勇猛な義弘の行動だから「鬼島津」と言われるようになったのでしょう。

しかし、以外にも義弘は愛妻家だったのです、今で言うなら仕事が出来て部下思いに家庭も大切にするお父さんなんです。
タイミングが合っていたら、島津義弘が天下人と言われたかもしれません。

今回は島津義弘のお話でした、最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

次回、お楽しみに!!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です