ナポレオンの名言はリーダーへのノウハウなの?

Pocket

ナポレオンが残した名言から人物像を残した名言から何故、リーダーとして活躍できたのかを考えていきます。

今回の登場人物は「ナポレオン・ボナパルト」です。最後までご覧下さいね。

ナポレオン・ボナパルド の紹介

※以後ナポレオン

1769年8月15日
~1821年5月5日

フランス第一帝政の皇帝にも即位した。

フランス革命後のイギリス、ロシアとオスマン帝国の領土を
除いたヨーロッパ大陸の大半を勢力下に置きました。

ナポレオンの名言紹介

その1

1頭の狼に率いられた百頭の羊の群れは、一頭の羊に率いられた百頭の狼の群れにまさる。

その2

人間は、その想像力によって支配される。

その3

我輩の辞書に不可能という文字はない。

その4

人間を動かす二つのてこは、恐怖と利益である。

その5

世界には二つの力しかない。剣と精神の力である。

そして最後は、精神が必ず剣に打ち勝つ。

その6

リーダーとは「希望を配る人」のことだ。

その7

過ぎたことで、心を煩わせるな。

その8

状況?何が状況だ。俺が状況を作るのだ。

その9

死ぬよりも苦しむほうが勇気を必要とする。

その10

優れた能力も機会が与えられなければ価値がない。

その11

最も大きな危険は、勝利の瞬間にある。

その12

じっくり考えろ。しかし、行動する時が来たなら、考えるのをやめて、進め。

その13

勝利は、もっとも忍耐強い人にもたらされる。

その14

戦術とは、一点に全ての力をふるうことである。

その15

私はつねに、ニ年先のことを考えて生きている。

その16

真の英雄とは、人生の不幸を乗り越えていく者のことでである。

その17

約束を守る最上の方法は、決して約束しないことだ。

名言からナポレオンの人物像を考えてみると・・・

自信家であり、その自信も今までの功績(結果)からによるものでしょう。
先見の目、リーダーとしての、統率力。

そして、行動力。

だからこそ、共感する人が多いのでしょう。

ナポレオン-名言-まとめ

今回の登場人物は「ナポレオン」でした。

ナポレオンのファンも多いと思いますが、どんなところが好きなのでしょうか?

ナポレオンが残した名言で特に心に残った名言をご紹介しましたが、さらに強く心に残った名言を3つご紹介します。

それは、

じっくり考えろ。しかし、行動する時が来たなら、考えるのをやめて、進め。

最も大きな危険は、勝利の瞬間にある。

過ぎたことで、心を煩わせるな。

ナポレオンに共感がもてた、名言をピックアップしました。

成功のノウハウが分かる名言ではないでしょうか?

最後までご覧下さってありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です