鍋島直茂の名言から人との付き合い方が分かる!?

Pocket

鍋島直茂の名言・格言から多くの学びがあります。
人との付き合い方や接し方が分かるような名言・格言もりました。

今回は鍋島直茂のお話をします。

鍋島直茂の紹介

ダウンロード (3)

鍋島直茂(なべしま なおしげ)
生誕:天文7年3月13日(1538年4月12日) /死没:元和4年6月3日(1618年7月24日)
主君:龍造寺家兼 ➡ 隆信 ➡(政家)➡ 豊臣秀吉 ➡ 徳川家康

鍋島直茂の人物像

鍋島直茂は豊臣秀吉から厚い信頼を受けており龍造寺氏の家督代行を任せられたり、
秀吉には「天下を取るには知恵も勇気もあるが、大気が足りない」と言われたそうだ。
直茂の晩年はお酒が災いし、周囲から疎まれたと言います。

直茂は元和4年6月3日(1618年7月24日)に病死しましたが、その病気は耳に腫瘍ができその激痛に苦しみなかば悶死だった為に、
高房の亡霊の仕業だと噂されました。これが有名な「鍋島家化け猫騒動」のモチーフになりました。

鍋島直茂の名言・格言の紹介

我が気に入らぬことが、我がためになるものなり

いかに知音を持つとも、頼まずに、ただ我が身ひとつと心得べし

下輩の言うはよく通じ難し、ゆえに助けて聞くこと、肝要なり。下輩なれどその心は天の真を受けて、人と生まれたるも者なれば、
聖人君子のの言に符号する事多し、あなどり笑うことなかれ。

寄り合いにくき人と寄り合いてみよ、必ず徳あるべし。

思案にあまる一大事に出会った時は、一大事と考えるから決断がつかない。大事の思案は軽くすべし。

時節が到来すれば家が崩るるものなり。その時崩すまじきとすれば、汚な崩しするなり。時節到来と思わば崩したるがごときなり。
その時は飽きとどまることもあるものなり。


人間には上中下の3種類がある。
上というのは、他人の分別を自分の分別とすることである。
中というのは、他人から意見されてそれを自分の意見に変えることができる人物である。
下というのは、他人から良いことを言われてもただ笑って聞き流す人間だ。

鍋島直茂のまとめ

真鍋直茂の名言・格言で「我が気にいらぬことが、我がためになるものなり」と「寄り合いにくき人と寄りあいてみよ、必ず徳あるべし。」の
名言・格言は今の社会に必要な事ではないでしょうか?
嫌いな人や合わない人とは余り関りを持たないと考える人が多い気がしますので、この名言・格言を思い浮かべ行動しようと思います。

今回は鍋島直茂のお話でした。
最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

次回、お楽しみに!!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です