孔子が残した 名言の 意味から分かることとは?

Pocket

孔子と言えば、その思想に共感する人は多くいると思います。

孔子が残した名言の意味から生き方を考えてみましょう。

今回の登場人物は孔子です。最後までご覧ください。

孔子の紹介

孔子(こうし)
紀元前552年9月28日‐紀元前479年3月9日 春秋時代 )

・思想家

・哲学者

孔子の名言

⦅その1⦆

好きなことを仕事にすれば、

一生働かなくてすむ。

⦅その2⦆

人間は逆境において

人間の真価を試される。

人生の達人は逆境を楽しみ、

順境もまた楽しむのです。

⦅その3⦆

君子の九思

1.物を見るときは、はっきり見る

2.聞くときは、誤りなくしっかりと聞く

3.表情はおだやかに

4.態度は上品に

5.言葉は誠実に

6.仕事には慎重に

7.疑問があれば、質問する

8.みさかいなく怒らない

9.道義に反して利益を追わない

⦅その4⦆

良薬は口に苦くして病に利あり

忠言は耳に逆らいて行いに利あり

⦅その5⦆

二度と帰らぬものは

過ぎ去った歳月である。

二度と会うことができないのは

死んでしまった親である。

⦅その6⦆

成功者は必ず、

その人なりの哲学をもっているものだ。

その哲学がしっかりしているからこそ、

成功者の人生は揺るがないのだ。

⦅その7⦆

成功者は必ず、

その人なりの哲学をもっているものだ。

その哲学がしっかりしているからこそ、

成功者の人生は揺るがないのだ。

⦅その8⦆

止まりさえしなければ、

どんなにゆっくりでも進めばよい。

⦅その9⦆

良心に照らして

少しもやましいところがなければ、

何を悩むことがあろうか。

何を恐れることがあろうか。

⦅その10⦆

一を以て之を貫く

⦅その11⦆

巧言令色鮮し仁

⦅その12⦆

物事を迅速にしたいと、

望んではならない。

小さな利点に目をとめてはならない。

物事を早く行うことばかり望むと、

十分になすことができない。

小さな利点にとらわれると、

大きな仕事が達成できない。

⦅その13⦆

その人を知らざれば、その友を見よ。

⦅その14⦆

義を見てせざるは

勇無きなり

⦅その15⦆

知らざるを知らずとなす

これ知るなり

⦅その16⦆

学びて思わざればすなわち罔し、

思いて学ばざればすなわち殆し

⦅その17⦆

過ぎたるは

なお及ばざるが如し

⦅その18⦆

徳は孤ならず、必ず隣あり

⦅その19⦆

悪に報いるには正義をもってし、善に報いるには善をもってせよ。

⦅その20⦆

三人行けば必ず我が師あり。

その善なるものをえらび、之に従い、その不全なるものはこれを改む。

【孔子-名言-意味-まとめ】

今回の登場人物は「孔子」です。ビジネスノウハウなどでよく「孔子」って出てきますよね?

孔子が残した多くの名言の中で特に心に残った名言を1つご紹介します。

[止まりさえしなければ、どんなにゆっくりでも進めばよい。]

最後までご覧下さってありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です