北条早雲の名言からその人物を探る!?ええ、どケチ!!だった?

Pocket

北条早雲という武将がドラマの主人公にならないのは何故か?早雲の名言から分かる事、学ぶこと多くあります。

今回の北条早雲の名言からその人物像を探ります。

どうぞ、お楽しみに!!

北条早雲の紹介

ダウンロード (8)

生誕:永享4年(1432年)/死没:永生16年8月15日(1519年9月8日)

主君:足利義政 ➡ 義尚 ➡ 義稙 ➡ 義澄 ➡ 今川氏親

北条早雲の名言紹介

1:どこまでも自己というもを念頭に置いてはならぬ。

2:言葉については常に慎んでいなければならない。
一言聞かれても、その人の心は他に知られるのだから、注意せねばならない。

3:自分自身まずは万事やってみて、十分ようすを知りぬいた上で、それから人にやらせてもよいものである、と考えなくてなならぬ。

4:上下万民に対して、一言半句にても嘘言を申すべからず。

5:神仏を礼拝することは、見の行いというものである。
神仏を拝む気持ちがあるならば、ただひたすら心を正しくおだやかに持ち、正直一途に暮らし、上なる人を敬い、下なる者を憐み、包み隠しなく、有るば有るとし、無きは無いとして、ありのままの心持ちで生活することが、天意にも仏意にも叶うというものだ。

6:人の行いの善悪などどいうものは、みなその友人によるといっても過言ではない。

7:数多はじまりて事なかれといふことあり、何事も人にまかすべき事也。

8:朝は常に早く起きるように心がけなければならない。
遅く起きるならば、下の者までが気持ちを緩めてしまって、公務の大切な用事にも事欠くようになる。

9:刀・衣装、人のごとく結構に有べしと思ふべからず。

北条早雲の人物像

1457年に今川義忠が一揆の流れ矢に当たり、死亡するという大きな事件が発生しました。その事で今川家に家督争いが起こりました。
その争いを抑えた人物が北条早雲でした。当時、56歳でしたが今川家の重臣になり興国寺城の城主となりました。

早雲は物凄い倹約をする人でした、それは早雲寺廿一箇条で倹約家だと分かる文が有ります。

1.可信佛神事

2.朝早可起事

3.夕早可寝事

4.手水事

5.拝事

6.刀衣裳事

7.結髪事

8.出仕事

9.受上意時事

10.不可爲雑談虚笑事

11.諸事可人事

12.讀書事

13.宿老祇候時禮義事

14.不可申虚言事

15.可学歌道事

16.乗馬事

17.可撰朋友事

18.可修理四壁垣牆事

19.門事

20.火事用事

21.文武弓馬道事

北条早雲のまとめ

北条早雲はどんな人物なのか・・・、名言から分かる事は自分自身には厳しくしていた事でしょう。
自分自身に厳しくし、その姿を家臣に見せていたからこそ、家臣に慕われ信用されていたと思います。
倹約家でありながら、お金を使う時は惜しげもなく使う。ただの、ケチでは無く生きたお金の使い方をする男だったみたいです。
政治力、統率力もある早雲、今後ドラマになればと思います。
最後まで読んで頂きありがとうございます。
次回、お楽しみに!!
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です