本多忠勝の名言・逸話からビジネスのノウハウになる!?

Pocket

本多忠勝は戦国武将中でも人気の一人です。名言・逸話からビジネスのノウハウが・・・・。
今回は徳川四天王の一人、本多忠勝についてお話しします。
どうぞ、最後までご覧ください。

本多忠勝の紹介

生誕:天文17年2月8日(1548年3月17日)/死没:慶長15年10月18日(1610年12月3日)

主君:徳川家康

徳川の家臣、上総大多岐藩初代藩主、伊勢桑名初代藩主と藩主として活躍します。

徳川四天王の一人、徳川十六神将の一人でもある本多忠勝である。常に徳川家康の居城の城下に住み旗本部隊の将として仕えていました。
忠勝の装具の槍は「蜻蛉切」といわれるもで、刃長が43.8cmあり笹穂型の大長槍でした。蜻蛉切とは穂先にトンボが止まり、トンボが真っ二つになったという逸話からこの名前がついたそうです。

生涯の戦は大小を合わせて57回に及んだが、かすり傷一つ負わなかったが、忠勝が死ぬる数日前に小刀で自分の持ち物に名前を彫っていた時、手元が狂って、左手にかすり傷を負ってしまいました。忠勝は「本多忠勝も傷を負ったら終わりだな」と言いその後その通りになりました。

徳川四天王の紹介

ダウンロード

酒井忠次

images (6)

本多忠勝

ダウンロード (1)

榊原康政

ダウンロード (2)

井伊直政

本多忠勝の名言・格言の紹介

1:楯は自分の力に合うものが一番

2:侍は首を取らずとも不手柄なりとも、事の難に臨みて退かず、主君を枕と並べて討ち死にを遂げ、忠節を守るを指して侍という。

3:わが本多の家人は志からではなく、見た目の形から武士の正道にはいるべし。

4:思慮のない人も、思慮のある人も功名を立てる。
思慮のある人の功名は、士卒を下知して大きな功名をなしえる。
だが、思慮のない人は鎗一本の功名であって大きな事は出来ない。

辞世の句の紹介

死にともな鳴呼死にともな死にともな深きご恩の君を思えば。

本多忠勝を称賛した言葉紹介

花実兼備の勇士

家康には過ぎたるもの二つあり、唐のかしらに本多平八

東には本多忠勝という天下無双の大将がいうように、西には立花宗茂という天下無双の大将がいる。

————————————————————————————————

立花宗茂の名言・格言集を知りたい方

こちら

———————————————————————————————–

本多忠勝のまとめ

戦国武将でも人気の武将である本多忠勝です。徳川家康に仕え徳川四天王の一人でした、
その活躍は物凄いもので若干14歳で敵の陣に討ち入り手柄をたてました。
忠勝の主君は徳川家康ただ一人で秀吉に召し抱えられたときに「君の恩は海より深いといえど、家康は譜代相伝の主君であって
月日の論には及びがたし」というほど家康への忠義は大きかったのです。
どの様な時代でも自分の気持ちがぶれない本多忠勝の生き方に共感する人は多いのでないでしょうか?

最後まで読んで頂きありがとうございます。

次回、お楽しみに!!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です