本田宗一郎の 名言 は失敗から生まれてきたのかもしれない!?

Pocket

世界のホンダ!!

F1でも有名になった、ホンダ。

本田宗一郎の名言から分かった事は、多くの失敗から得た経験から伝わってきました。

車で世界的に有名になった、本田宗一郎の生き方、人間的魅力を考えてみます。

今回は、世界の「ホンダ」、本田宗一郎の登場です。

最後までご覧ください。

本田宗一郎の紹介

本田宗一郎(ほんだ そういちろう)

1906年11月17日~1991年8月5日

本田宗一郎は静岡県にあった鍛冶屋の長男として生まれたのです。学歴は高等小学校卒業し、
東京の湯島にある自動車修理工場に入社しました。

1928年、浜松市に支店を設立して、独立しました。
しかし、事業を拡大しているうちに学問(知識)の壁にあたり、
3年間金属工学の研究に取り組む。

1948年、本田技研工業を従業員わずか20人立ち上げる、
その後、藤沢武夫と出会いホンダを世界的企業に育てる。

本田宗一郎の名言紹介

 

⦅心に残った名言1⦆

失敗が人間を成長させると、私は考えている。

失敗のない人なんて、

本当に気の毒に思う。

⦅心に残った名言2⦆

新しいことをやれば、必ず、しくじる。

腹が立つ。

だから、

寝る時間、食う時間を削って、

何度も何度もやる。

⦅心に残った名言3⦆

伸びる時には必ず抵抗がある。

⦅心に残った名言4⦆

思想さえしっかりしていれば

技術開発そのものはそう難しいものではない。

技術はあくまでも末端のことであり、

思想こそが技術を生む母体だ。

⦅心に残った名言5⦆

自分の力の足りなさを自覚し、

知恵や力を貸してくれる

他人の存在を知るのもいい経験である。

⦅心に残った名言6⦆

進歩とは

反省の厳しさに正比例する。

⦅心に残った名言7⦆

人を動かすことのできる人は、

他人の気持ちになれる人である。

その代わり、

他人の気持ちになれる人というのは自分が悩む。

自分が悩んだことのない人は、

まず人を動かすことはできない。

⦅心に残った名言8⦆

開拓精神によって自ら新しい世界に挑み、

失敗・反省・勇気という

三つの道具を繰り返して使うことによってのみ、

最後の成功という結果に達することができると

私は信じています。

⦅心に残った名言9⦆

成功は99%の失敗に支えられた

1%だ。

⦅心に残った名言10⦆

成功者は、例え不運な事態に見舞われても、

この試練を乗り越えたら、

必ず成功すると考えている。

そして、

最後まで諦めなかった人間が

成功しているのである。

本田宗一郎-名言まとめ

本田宗一郎といえば、あなたは、何を頭に浮かべますか?

性能のよいエンジンを開発した会社の創業者ですか?

今回は本田宗一郎の登場でした。

本田宗一郎の名言を紹介した中で特に心に残った名言は

「失敗が人間を成長させると、私は考えている。

失敗のない人なんて、

本当に気の毒に思う。」

「新しいことをやれば、必ず、しくじる。

腹が立つ。

だから、

寝る時間、食う時間を削って、

何度も何度もやる。」

この2つの名言から本田宗一郎の失敗しても諦めない、
チャレンジ精神が伝わってきました。

失敗は失敗ではなく成功するために、必要なことなのでしょう・・・。

最後までご覧下さってありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です