姫路城の当主、黒田官兵衛の名言そしてドラマ館

Pocket

姫路城の当主と言えば黒田官兵衛です。
黒田官兵衛は戦国時代に天下人豊臣秀吉の側近でした。
多くの名言も残し、姫路にはドラマ館もある人気の戦国武将です。

今回は黒田官兵衛のお話です。

黒田官兵衛の紹介

images (10)

生誕:天文15年11月29日(1546年12月22日)
死没:慶長9年3月20日(1604年4月19日)

改名:小寺万吉→祐隆→孝隆→黒田孝隆→如水円清

キリシタン大名

黒田管兵衛の出身

黒田氏は、『寛永諸家系図伝』などによれば、賤ヶ岳山麓の近江国伊香郡黒田村の出身とされるが、定かではない。
孝高の祖父・黒田重隆の代に備前国邑久郡福岡村から播磨国に入り、龍野城主・赤松政秀、後に守護・赤松晴政重臣で
御着城(現在の姫路市東部)を中心に播磨平野に勢力を持っていた戦国大名の小寺則職・政職父子に仕えた。
小寺氏は黒田氏を高く評価し、天文14年(1545年)に重隆を姫路城代に任じた。
重隆の子、黒田職隆には政職の養女を嫁がせ、小寺姓を名乗らせた。

名言紹介

我人に媚びず、富貴を望まず。

相手から良く思われたい為に自分の主義主張を曲げて相手に合せる事は
するな。自分の身の丈に合わない富を手に入れようとか、実力が無いのに
出世しようとか思うな。

天下に最も多きは人なり。最も少なきも人なり。

世の中に多くの人がいるが、有能な人材は少ない。

おもひをく言の葉なくてつひにいく道はまよはじなるにまかせて

この世に思い残す事はない、今は迷うことなく心静かに旅たつだけだ。


まず自分の行状を正しくし、理非賞罰をはっきりさせていれば、叱ったり脅かしたりしなくても
自然に威は備わるものだ。

自分の行いを正しくし、公平に部下に接すれば、叱ったり脅かさなくても
威厳が生まれる。

姫路城の紹介

ダウンロード (28)

姫路城は別名白鷺城(しらさぎじょう・はくろうじょう)と呼ばれています。
ユネスコの世界遺産に登録され日本100名城などに選定されています。

姫路城の主な当主の紹介

赤松貞範

小寺頼李

黒田孝隆

羽柴秀吉

羽柴秀吉が姫路城を拠点として天下統一という出世したことから出世城とも言われる。

もっと姫路城を知りたい方の入り口

黒田官兵衛のまとめ

黒田官兵衛は天下人、豊臣秀吉の側近として調略や他大名との交渉といった役割を果たしていました。
官兵衛は秀吉からも警戒されるほど恐れられていました。
それは、1582年に「本能寺の変」が起こった時のことです。

秀吉は心の中で「光秀を討てば・・・・」と天下への野心が芽生えた・・・。
その時「殿、これで天下への道が開けましたな!」と官兵衛が言ったそうです。
秀吉はまさか、自分の心を見透かされてると恐ろしくなったそうです。
そして、秀吉は生涯官兵衛を警戒するようになったエピソードです。

黒田官兵衛の名言で「我人に媚びず、富貴を望まず」がありますが、
「相手に良い顔をする余り自分の主義主張を曲げて相手にあわせるな。自分の
身の丈に合わない富を手に入れようとか、実力が無いのに出世しようと思うな。」
の意味です。

はっきり自分の意見を言えるには、自分自身に自信があるからでしょう。
あまり、主義主張を言うと自己中になってしまいますが、
自分が周囲に認められる存在になる事で自己中ではなくんるのでは・・。

今回は黒田官兵衛のお話でした。
最後まで読んで頂ありがとうございます。

次回、お楽しみに!!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です