羽生善治の名言は一流棋士だからこそ心に響くのでは?

Pocket

最近、将棋界が注目されています。

初めて、将棋の世界に羽生善治が登場した時、将棋の強さに衝撃を覚えました。

今回の登場人物は将棋界の「羽生善治 」です。

一流棋士の名言をどどっと紹介します。

最後までご覧くださいね。

羽生 善治(はぶ よしはる、1970年9月27日 – )は、
日本の将棋棋士。二上達也九段門下。棋士番号は175。

1996年2月14日、将棋界で初の7タイトル独占を達成。

全7タイトルのうち竜王を除く6つでの永世称号(永世名人(十九世名人)・永世王位・名誉王座・永世棋王・永世棋聖・永世王将)の資格を保持(いわゆる「永世六冠」)。

さらに名誉NHK杯選手権者の称号を保持しており、

7つの永世称号の保持は史上初。

通算優勝回数153回、公式戦優勝回数142回、タイトル獲得98期、タイトル戦登場130回、同一タイトル戦25回連続登場(王座)、同一タイトル獲得通算24期(王座)は歴代単独1位、一般棋戦優勝回数44回は大山康晴と並んで歴代1位タイの記録である。

また、非タイトル戦優勝回数55回、非公式戦優勝回数11回、最優秀棋士賞21回、獲得賞金・対局料ランキング首位22回も歴代1位である。

羽生とほぼ同じ年齢にトップクラスの実力者が集中しており、

彼らは「羽生世代」と呼ばれる。

「羽生善治」名言紹介

⦅心に残った名言1⦆

勝つのは一点差でいい。

五点も十点も大差をつけて勝つ必要はない。

常にギリギリの勝ちを目ざしているほうが、

むしろ確実性が高くなる。

⦅心に残った名言2⦆

何かに挑戦したら

確実に報われるのであれば、

誰でも必ず挑戦するだろう。

同じ情熱、気力、モチベーションをもって

継続しているのは非常に大変なことであり、

私は、それこそが

才能だと思っている。

⦅心に残った名言3⦆

楽観はしない。

ましてや悲観もしない。

ひたすら平常心で。

⦅心に残った名言4⦆

いろいろ考えられる選択肢の中から、

「この一手」を選ぶのは

自分しかいないわけです。

⦅心に残った名言5⦆

毎回石橋を叩いていたら

勢いも流れも

絶対つかめない。

⦅心に残った名言6⦆

無駄な駒は、一枚もない。

⦅心に残った名言7⦆

すでに過ぎ去ったことは仕方がない。

私は、意識的に

先のことを考えるようにしています。

反省は勝負がついた後でいい。

⦅心に残った名言8⦆

私は才能は一瞬のひらめきだと思っていた。

しかし今は、

10年とか20年、30年を同じ姿勢で、

同じ情熱を傾けられることが

才能だと思っている。

⦅心に残った名言9⦆

大きく見ることと

小さく突き詰めていくこと、

このバランスが大切なのだと思う。

⦅心に残った名言10⦆

集中力がある子に育てようとするのではなく、

本当に好きなこと、

興味を持てること、

打ち込めるものが見つけられる環境を与えてやることが大切だ。

⦅心に残った名言11⦆

人生の中で目指しているものがはっきりしている人は、

いくつになってもエネルギーがある。

⦅心に残った名言12⦆

成果が出ないときこそ、

不安がらずに、恐れずに、

迷わずに一歩一歩進めるかどうかが、

成長の分岐点であると考えています。

⦅心に残った名言13⦆

役に立たないとか

意味がないと思っていることのほうが

むしろ重要なんじゃないか。

⦅心に残った名言14⦆

漠然とした不安は、立ち止まらないことで払拭される。

⦅心に残った名言15⦆

何事であれ、

最終的には自分で考える覚悟がないと、情報の山に埋もれるだけである。

【羽生善治の名言 まとめ】

今回の登場人物は将棋界から「羽生善治」です。

一流棋士の心に残った名言を紹介しました。

特に心に残った名言は

「成果が出ないときこそ、

不安がらずに、恐れずに、

迷わずに一歩一歩進めるかどうかが、

成長の分岐点であると考えています。」

最後までご覧下さってありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です