ダーウィン の名言と進化に驚いたのは・・・。

Pocket

進化論って言えば「チャールズ・ダーウィン」ですよね。

進化論も有名ですが、ダーウィンが残した名言も有名です。

今回は「チャールズ・ダーウィン」の登場人物です。

最後までご覧くださいね。

「チャールズ・ダーウィン」紹介

チャールズ・ダーウィン

1809年2月12日~1882年4月19日

イギリスの自然科学者。
卓越した地質学者・生物学者で、種の形成理論を構築。

全ての生物種が共通の祖先から長い時間をかけて、
彼が自然選択と呼んだプロセスを通して進化したことを明らかにした。

進化の事実は存命中に科学界と一般大衆に受け入れられた一方で、
自然選択の理論が進化の主要な原動力と見なされるようになったのは
1930年代であり、自然選択説は現在でも進化生物学の基盤の一つである。

また彼の科学的な発見は修正を施されながら生物多様性に
一貫した理論的説明を与え、現代生物学の基盤をなしている。

「ダーウィンが残した名言紹介」

⦅心に残った名言1⦆

生き残る種とは、最も強いものではない。

最も知的なものでもない。

それは、変化に最もよく適応したものである。

⦅心に残った名言2⦆

科学者は希望や愛情を捨てて、石の心を持つべきだ。

⦅心に残った名言3⦆

原因を探求し続ける力が、人を発見者にする。

⦅心に残った名言4⦆

時間の浪費をなんとも思わない人は、

人生の価値をまだ発見してはいない。

⦅心に残った名言5⦆

無知というのは、

しばしば知識よりも確信に満ちている。

科学によって

これやあれやの問題を解決することは

絶対にできないと主張するのはきまって知識がない人である。

⦅心に残った名言6⦆

私は、できるだけ一生懸命に、できるだけよくやったのだ。
誰もこれ以上にはできない。

⦅心に残った名言7⦆

この理論が受け入れられるのには
種の進化と同じだけの時間がかかりそうだ。

ダーウィンの進化論ってなに?

ダーウィンの説の重要な部分は、
自然淘汰(自然選択)説と呼ばれるものである。

生物がもつ性質は、同種であっても個体間に違いがあり、
そのうちの一部は親から子に伝えられたものである。

環境収容力は常に生物の繁殖力よりも小さい。
そのため、生まれた子のすべてが生存・繁殖することはなく、
性質の違いに応じて次世代に子を残す期待値に差が生じる。

つまり有利な形質を持ったものがより多くの子を残す。

それが保存され蓄積されることによって進化が起こる。

ダーウィンの進化論に対して色んな解釈があるので、調べてみるのも楽しいと思います。

ダーウィン の名言と進化まとめ

進化論を唱えた、ダーウィンですが残した名言も心に残りました。

特に心に残った名言を紹介します。

その名言とは

生き残る種とは、最も強いものではない。

最も知的なものでもない。

それは、変化に最もよく適応したものである。

今回は「チャールズ・ダーウィン」が登場しました。

最後までご覧下さってありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です