バトミントンの桃田賢斗さんが事故からオリンピック出場までの名言を紹介
Pocket

今回は、バトミントンの世界チャンピオン桃田賢斗さんが事故から復帰し2020東京オリンピック大会に出場しました。

 

出場まで、心に残る名言を残しています。

その、名言をご紹介します。

 

最後までご覧ください。

 

 

桃田賢斗さんの紹介

 

 

桃田 賢斗(ももた けんと、1994年9月1日 - )は、
日本のバドミントン選手。バドミントン日本代表。
香川県三豊郡三野町(現:三豊市)出身。

2013年よりNTT東日本所属。

左利き。マネジメント会社はUDN SPORTS

BWF世界ランキング最高位は1位(2018年9月27日)。

2014年トマス杯(団体世界選手権)金メダリスト。
2015年にBWFスーパーシリーズ(現ワールドツアー)男子シングルスで日本人初優勝を達成。

 

出典:Wikipedia

 

 

 

心に残る名言集の紹介

 

➡「最後の最後、体力的にも精神的にもきつかった中、苦しいときに自分を支えてくれた方々への感謝が、自分を奮い立たせてくれました。」

 

➡「ちゃんと自分と、バドミントンと向き合って世界のトップと対等に戦いたいと思った。」

 

➡「感謝の気持ちを忘れず、1試合ずつ、自分らしく戦う。」

 

➡「自分の強みは負けず嫌い。」

 

➡「感謝の気持ちを表現するには、今日のこの日が、ゼロからのスタートです。」

 

➡「コートの外の立ち振る舞いだったり、バドミントンだけじゃなくて、人としての強さもしっかり備わっていけたら競技力も向上していけるかな。」

 

➡「強くなりたい気持ちが大事。」

 

➡「今も時間があれば走って体を鍛える。試合に負けると、納得するまで、1時間ランニングマシンで走り続けることもある。」

 

➡「試合の勝ち負けよりも、まずは皆さんに応援される選手になりたい。そのためには立ち居振る舞いから。」

 

➡「今の僕は日々進化しています。前よりも今の自分の方が強いと思うし、もっと進化できると思っている。」

 

 

➡「みんなが集中する緊張感の中で自分がどれだけパフォーマンスを出せるか!」

 

➡「信頼を取り戻すには中途半端ではダメ!。」

 

➡「今の自分は感謝や恩返ししたいという気持ちが力になっている。目標はオリンピックとか、どの大会とかいうものではない。まず、応援される選手になりたい。」

 

➡「自分の強みは、負けず嫌いであることです。」

 

➡「リスクを冒すプレーも必要。」

 

➡「優勝したうれしさより、会社の方、チームメイト、家族、メディアの方に少し恩返しできたかな。応援の声も見えない力になったと思います。」

 

➡「負けたくないとの思いが前より強くなった。」

 

➡「少し恩返しできたかな?」

 

➡「つらい時に支えてくれた方々、バドミントンができる環境を作ってくれた方々との思い出がこみ上げてきて、しばらく動けませんでした。」

 

➡「辛い時に支えてくれた方々、バドミントンができる環境を作ってくれた方々との思い出が込み上げてき。」

 

まとめ

 

今回は、バトミントンの桃田賢斗さんが事故で、選手生命の危機から努力し2020東京オリンピックに出場を果たしました。

 

そんな、逆境から復活した桃田賢斗さんの、名言を紹介しました。

最後まで、ご覧くださって感謝いたします。

記事がお役に立てばシェアお願いします。