Pocket

今回の心に残る名言集に登場する人物は・・・・

 

99代内閣総理大臣

菅義偉さんです。

 

最後までご覧ください。

 

 

菅義偉さんの紹介

 

菅 義偉(すが よしひで、1948年〈昭和23年〉12月6日 - )は、日本の政治家。

自由民主党所属の衆議院議員(8期)、内閣総理大臣(第99代)、自由民主党総裁(第26代)。

横浜市会議員(2期)、総務副大臣(第3次小泉改造内閣)、総務大臣(第7代)、内閣府特命担当大臣(地方分権改革)
郵政民営化担当大臣(第3代)、自由民主党幹事長代行(第2代)、
内閣官房長官(第81代・第82代・第83代)、沖縄基地負担軽減担当大臣、拉致問題担当大臣などを歴任した。

出典:Wikipedia

 

 

 

菅義偉さんの名言集

 

➡「 政治家は国民の負託を受けている。総裁は自分の意志で決めるべき。」

 

➡「 どんな局面にもかかわらず、判断しなければならない時は、自分の信念を貫き通すのが最善の道と信じております。」

 

➡「 成長と分配の好循環を強固にすることが、日本が直面する少子高齢化という構造的課題の克服に繋がります。」

 

➡「 一気呵成に物事を進めようと思ってもうまくいかないことが多いわけですから、国民と対話しながら、呼吸を合わせながら問題を進めていく。これからもそういう感じを大切にしていきたい。」

 

➡「政治に賭ける私の情熱を理解してくださった、人の輪が、当選に導いてくれました。」

 

➡「私は内閣官房長官として、引き続き安倍総理を支え、政治主導で、国民のために結果を残すために全力を尽くしてまいります。」

 

➡「農業、観光などの地域の資源を総動員して取り組んでいくことこそが大事で、それを国が応援するのが肝です。成功例に挙げられている地域では必ず物語があり、知恵者がいます。」

 

➡「 志は初めて政治を目指した時から何も変わっておりません。」

 

➡「 憲法改正は簡単にできるものじゃありません。ただ、自民党は党是が憲法改正です。そこに向かって進んでいくことも変わらない。」

 

➡「どのような立場にあっても、正論を主張し、実現へ向けて行動を起こす。どんな状況でも信念を曲げず、意志を貫く政治家として、改革に取り組んでいきます。」

 

 

菅義偉さんの仕事ぶり

 

デジタル庁創設
行政のデジタル化
規制改革
公務員のデジタル職採用
マイナンバーカード
教育のデジタル化
デジタル格差の解消に向けた活用支援
テレワーク
携帯電話の料金の引下げ

 

 

 

まとめ

 

今回の名言集は、99代内閣総理大臣「菅義偉さん」を取り上げさせていただきました。

名言で何か伝わりましたでしょうか?

「どのような立場にあっても、正論を主張し、実現へ向けて行動を起こす。どんな状況でも信念を曲げず、意志を貫く!」この名言は心に残りました。

 

最後までご覧くださってありがとうございました。

記事がお役に立てばシェアお願いします。
カテゴリー